『理論と動態』第五号
社会理論・動態研究所の紀要『理論と動態』第五号が発行されました。

『理論と動態』 第四号(2011年10月発行)目次

障害・家族・地域

子どもがケアを担うとき
−ヤングケアラーになった人/ならなかった人の語りと理論的考察     澁谷智子

スティグマと地域社会
−ハンセン病回復者・精神障害者・HIV感染者の地域生活       山田富秋

■エスニシティ

地域ベースの共生論は外国人の社会参画に届くのか?
−愛知県西尾市の事例から                                            松宮 朝

在日フィリピン人研究の課題−結婚移民の高齢化を控えて              高畑幸

■調査報告

外国人生徒の高校進学問題−入試配慮に焦点を当てて   田巻松雄

■下層の人びと

先住民の労働にみる差異化と全体的底辺化
−フィリピン・アエタと地方労働市場        吉田 舞 

オキナワン・ヤンキー・サブカルチャーズ
―〈日本〉と沖縄の暴走族の組織原理に注目して    打越正行


ホームレスの国際比較のための方法序説
−フィリピン、日本、アメリカを事例に  青木秀男


紀要を希望される方は、住所、氏名、電話番号、購入希望冊数を明記の上、メールか、郵送でお知らせください。折り返し、紀要を送らせていただきます。

お問い合わせ、申し込みは、
info@istdjapan.org

までお願いします。
| istdjapan | 研究紀要 | 13:13 | comments(0) | - | - | -
2012年上半期に終了した研究会
動研セミナー
日時:6
月28
日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:打越

■外書講読
日時:6月28日(木)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:6月23日(土)午前14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:都市先住民と労働――グローバル都市マニラの事例より
報告者:吉田舞

■Workshop on Social Theory
Date: Jun. 23th [Sat.] 13:00 PM Start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on PARK Sara, 2011, From Story to History: A Suggestion for Methodology of Sociological Oral History Research, Soshioroji, 56(1): 39-54.
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■社会理論研究会
日時:6月16日(土)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:『経済学・哲学草稿』第一草稿 三.地代
報告:吉田舞

■広島近代部落研究会
日時:6月16日(土)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:近代福島の年表を読む 明治編
報告:弘中、青木

■動研セミナー
日時:6月14日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:吉田

■外書講読
日時:6月14日(木)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:5月26日(土)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「人はいかにして被差別部落民になるのか?――被差別部落認識の「視・座」の問題について」
報告者:小早川明良

■Workshop on Social Theory
Date: May 26th [Sat.] 13:00 PM Start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on TAKAYA Sachi, 2009, The Bases of the Denationalized Counter-Public Sphere: Case Study of the Union That Supports Undocumented Migrant Workers, Japanese Sociological Review, 60(1): 124-40.
Reporter: Aoki
※ This meeting will be held in only English.

■動研セミナー
日時:5月24日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:打越

■外書講読
日時:5月24日(木)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■動研セミナー
日時:5月15日(火)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:吉田

■外書講読
日時:5月15日(火)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:5月5日(祝・土)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「3.11以後とアクターの回帰――日米丁サミットと行為​/経験の社会学を通して」
報告:濱西栄司(ノートルダム清心女子大学現代社会学科)

■近代部落研究会
日時:4月30日(日)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:ある被差別部落一家の150年
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:4月30日(日)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:『経済学・哲学草稿』第一草稿 二.資本の利潤
報告:小早川明良

■外書講読
日時:4月26日(木)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:4月15日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「歴史的『事実』の『確定』について 」
報告者:青木秀男

■Workshop on Social Theory
Date: Apr. 15th [Sat.] 9:30 AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on ADACHI, Satoshi, 2009, “Social Integration in Post-Multicultu​?ralism: An Analysis of Social Integration Policy in Postwar Britain” Japanese Sociological Review, 60(3):433-448.
Reporter: Ann
※ This meeting will be held in only English.

■動研セミナー
日時:4月12日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:打越

■外書講読
日時:4月12日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Goodwin, Jeff and Horowitz, Ruth, 2002, “Introduction: The Methodological Strengths and Dilemmas of Qualitative Sociology”, Qualitative Sociology, 25(1): 33-47.
翻訳:各参加者

■動研セミナー
日時:3月22日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:吉田

■外書講読
日時:3月22日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:3月20日(火)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
報告者「内容」:
四條知恵(九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程、日本学術振興会特別研究員​DC1)
「純心女子学園をめぐる原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ」
木下直子(九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程、日本学術振興会特別研究員​DC2)
「ウーマンリブのテクストにみる『慰安婦』表象」

■動研セミナー
日時:3月8日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:打越

■外書講読
日時:3月8日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■近代部落研究会
日時:3月4日(日)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:積極的差別是正政策と同対策事業
報告:青木秀男

■社会理論研究会
日時:3月4日(日)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:『経済学・哲学草稿』第一草稿 一.賃金
報告:打越正行

■動研セミナー
日時:2月23日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:2月23日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:2月18日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「風俗店を経営するに至った沖縄のある若者の生活史」
報告者:打越正行

■Workshop on Social Theory
Date: Feb. 18th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
SASAGAWA, Toshiharu, 2010, How has Buraku been looked at by Others?: Introduction to theory of Buraku Diaspora, THe Bulletin Hiroshima Buraku Liberation Research Institute, 16: 45-64.
Reporter: Kobayakawa
※ This meeting will be held in only English.

■動研セミナー
日時:2月9日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:2月9日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:2月5日(土)午後15時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「(未定)」
報告:松宮朝(愛知県立大)

■近代部落研究会
日時:1月28日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:やくざの社会学的研究の射程
報告:青木秀男

■社会理論研究会
日時:1月28日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:今後の研究会の進め方
報告:各参加者

■動研セミナー
日時:1月26日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:1月26日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:1月14日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「(未定)」
報告者:安錦珠

■Workshop on Social Theory
Date: Jan. 14th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Era Satomi, 2005, "The Dilemma of Skill Reproduction in Pursuit of Flexibility: The Case of a Sub-Contracting System in the Housing Industry", Japanese Sociological Review, 56(1): 112-28.
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■動研セミナー
日時:1月12日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:1月12日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者



 
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:48 | comments(0) | - | - | -
2011年下半期に終了した研究会
動研セミナー
日時:12
月22
日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:12月22日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■動研セミナー
日時:12月1日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:12月1日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■近代部落研究会
日時:12月17日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:12月17日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​5章
報告:青木秀男

■アジア社会学研究会 第一回定例会
日時:12月10日-11日
場所:社会理論・動態研究所
スケジュール
・12月10日(土) 
13時集合
13:00〜13:20  参加者の自己紹介ほか
13:30〜15:30  第一報告(報告者:吉田)
15:45〜17:45  第二報告(報告者:坂本)
18:30〜     懇親会
 
・12月11日(日)
10:00〜12:00  第三報告(報告者:青木)
12:00〜13:00  休憩
13:00〜15:00  書評セッション ​P.ブルデュー『資本主義のハビトゥス』
(報告者:石岡、ディスカッサント:水島)
15:00〜15:30  今後の研究会の方針などについての意見交換
15:30解散

■動研セミナー
日時:12月1日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:12月1日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:11月26日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
「(未定)」(青木秀男)
「(未定)」(小早川明良)

■Workshop on Social Theory
Date: Nov. 26th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Sato Shigeki, 2009, “Nation-State and Immigrant Integration: A Move toward Nation-State Reconfiguration in Western Developed Countries”, Japanese Sociological Review, 60(3): 348-63.
Reporter: Ann
※ This meeting will be held in only English.

■近代部落研究会
日時:11月12日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:未定

■社会理論研究会
日時:11月12日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​4章後半
報告:打越正行

■動研セミナー
日時:11月10日(木)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■動研セミナー
日時:10月27日(木)午後14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:打越、吉田の研究報告

■外書講読
日時:10月27日(木)午後13時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:10月22日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
「沖縄のある下層若者の生活史」(打越正行)
「グローバル化と労働―先住民アエタ族の労働社会学」(吉田舞)

■Workshop on Social Theory
Date: Oct. 22th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Reporter: Otsuki
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:10月13日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:10月13日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:10月8日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:未定

■社会理論研究会
日時:10月8日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​4章後半
報告:打越正行

■ハナロの会
日時:9月24日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
「(未定)」(安錦珠)
「(未定)」(小早川明良)

■Workshop on Social Theory
Date: Sep. 24th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Naono Akiko, 2010, Hiroshima Memoryscape: Nation-Making and Uncanny Time-Space, 60(4): 500-16.
Reporter: Aoki
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:9月22日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:9月22日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:9月9日(金)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:9月9日(金)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:7月31日(日)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:(社会)科学と被差別部落の差異化
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:7月31日(日)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​4章
報告:藤田成俊

■ハナロの会
日時:7月29日(金)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
「アイデンティティの分化とゆらぎ​--フィリピン先住民の事例から」(吉田舞)
「修士論文「梶村秀樹による朝鮮史研究・日本批判の再評価」の構想と問題関心など」(大槻和也)

■Workshop on Social Theory
Date: Jul. 29th [Fri.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Reporter: Kobayakawa
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:7月22日(金)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:7月22日(金)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:47 | comments(0) | - | - | -
2011年上半期に終了した研究会
外書講読
日時:6
月30
日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:6月30日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:6月25日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:未定

■社会理論研究会
日時:6月25日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​3章
報告:小早川明良

■ハナロの会
日時:6月17日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
「光田健輔の言説分析」(吉崎一)
「沖縄の暴走族が生きる〈地元〉の存立条件――パシリとしての参与観察から」(打越正行)

■Workshop on Social Theory
Date: Jun. 17th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Ishihara Shun, 2006, "The Sovereign Law and Border Transgression of the Autonomous Life World: The Economic Practices of the 'Kikajin' Living on the Ogasawara/Bonin Islands under the Occupation of 'the Empire of Japan'", Japanese Sociological Review, 56(4): 864-81.
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:6月16日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:6月16日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:6月2日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:6月2日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■ハナロの会
日時:5月21日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):「社会の動態的理論について」(青木秀男)
        「未定」(小早川明良)

■Workshop on Social Theory
Date: May. 21th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Sakurai Atsushi, 2010, "Temporal and Spatial Frameworks of Life-Story", Japanese Sociological Review, 60(4): 481-99.
Reporter: An
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:5月19日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:David Diehl and Daniel Mcfarland, 2010, “Toward a Historical Sociology of Social Situations”, American Journal of Sociology, Vol. 115(6): 1713-52.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:5月19日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:5月14日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:5月14日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​3章
報告:小早川明良

■外書講読
日時:5月5日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:5月5日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■ハナロの会
日時:4月29日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):「未定」(安錦珠)
        「未定」(吉田舞)

■Workshop on Social Theory
Date: Apr. 29th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Reporter: Aoki
※ This meeting will be held in only English

■外書講読
日時:4月21日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:4月21日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:4月16日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:未定

■社会理論研究会
日時:4月16日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​2章1節後半
報告:藤田成俊

■外書講読
日時:4月10日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:4月10日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:3月31日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:3月31日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■ハナロの会
日時:3月26日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:打越、上原

■Workshop on Social Theory
Date: Mar. 26th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Reporter: Kobayakawa
※ This meeting will be held in only English

■外書講読
日時:3月24日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:3月24日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:3月19日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:3月19日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​2章1節後半
報告:打越正行

■外書講読
日時:3月17日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:3月17日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:3月10日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:3月10日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:3月3日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:3月3日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■ハナロの会
日時:2月26日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:青木

■Workshop on Social Theory
Date: Feb. 26th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Lee, Hong Jang, 2010, National Identity and Solidarity among Zainichi Korean Youths with "Chosen-seki", Japanese Sociological Review, 61(2): 168-185.
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:2月24日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:2月24日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■近代部落研究会
日時:2月19日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:青木秀男

■社会理論研究会
日時:2月19日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第​2章1節後半
報告:打越正行

■外書講読
日時:2月17日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■古典講読
日時:2月17日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:マルクス『ドイツ・イデオロギー』
報告:参加者

■外書講読
日時:2月10日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:2月10日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■ハナロの会
日時:2月5日(土)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:ボクシングにみる〈身体に刻まれた貧困〉――マニラ首都圏・Eボクシングジムの日常から
報告:石岡丈昇

■外書講読
日時:2月3日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:2月3日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■ハナロの会
日時:1月29日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:小早川、吉田

■Workshop on Social Theory
Date: Jan. 29th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Review and Discussion on Japanese Sociological Review
Reporter: Aoki
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:1月27日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:1月27日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:1月20日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:1月20日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■近代部落研究会
日時:1月15日(土)午後13時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:小早川明良

■社会理論研究会
日時:1月15日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第2章1節後半
報告:打越正行

■外書講読
日時:1月13日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:1月13日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:1月6日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:1月6日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男



 
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:46 | comments(0) | - | - | -
2010年下半期に終了した研究会
外書講読
日時:12
月23
日(木・祝)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:12月23日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):ハンセン氏病についての研究報告(吉崎一)
        〈地元〉と社会構造――5年後の継続調査から(打越正行)

■社会理論・動態研究所総会
日時:12月19日(日)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所

■近代部落研究会
日時:12月19日(日)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:調整中

■Workshop on Social Theory
Date: Dec. 19th [Sun.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Undecided
Reporter: Ann
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:12月15日(水)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:12月15日(水)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:12月9日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:12月9日(木)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:12月2日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:12月2日(木)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■下層若者文化研究会
日時:11月28日(日)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:異文化理解としての子ども理解・親理解
報告:笹倉千佳弘
   井上寿美

■外書講読
日時:11月25日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:11月25日(木)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:吉田舞

■外書講読
日時:11月17日(水)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:11月17日(水)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■近代部落研究会
日時:11月13日(土)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:調整中

■社会理論研究会
日時:11月13日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第2章1節
報告:打越正行

■社会学講座
日時:11月11日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:11月11日(木)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:11月5日(金)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:11月5日(金)午後15時15分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■外書講読
日時:10月27日(水)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■ハナロの会
日時:10月27日(水)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
内容(報告者):
日本・沖縄の下層若者文化研究と〈地元〉概念(打越正行)
論文構想(安錦珠)

■外書講読
日時:10月21日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:10月21日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■近代部落研究会
日時:10月16日(土)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:福島住民の親族構造
報告:弘中政義

■Workshop on Social Theory
Date: Oct. 16th [Sat.] 11AM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Undecided
Reporter: Kobayakawa
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:10月14日(木)午後16時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:10月14日(木)午後15時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:10月7日(木)午後17時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:10月7日(木)午後15時30分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:10月2日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:10月2日(土)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:9月25日(土)午後15時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:9月25日(土)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■広島近代部落研究会
日時:9月20日(月)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:部落問題研究の諸問題
報告:小早川明良

■外書講読
日時:9月19日(日)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:9月19日(日)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■社会理論研究会
日時:9月18日(土)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社 第1章
報告:小早川明良

■Workshop on Social Theory
Date: Sep. 18th [Sat.] 11PM start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Chicago School
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■外書講読
日時:9月13日(月)午後17時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:9月13日(月)午後16時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■社会学講座
日時:9月4日(土)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:9月4日(土)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■外書講読
日時:8月28日(土)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者
※ この日は、社会学講座はありません。

■社会学講座
日時:8月21日(土)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:8月21日(土)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:8月7日(土)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:8月7日(土)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■社会学講座
日時:8月1日(日)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:8月1日(日)午前9時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:各参加者

■Workshop on Social Theory
Date: Jul. 31th [Sat.] 14PM start
Place: Ann's home
Contents: Burakumin and Japan's minorities
Reporter: Aoki
※ This meeting will be held in only English.

■社会理論研究会
日時:7月31日(土)午前11時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. フーコー『性の歴史機|里悗琉媚廖擔慶社

■広島近代部落研究会
日時:7月24日(土)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:ポストコロニアリズム批判私論
報告:青木秀男

■社会学講座
日時:7月24日(土)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:7月24日(土)午前09時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:参加者分担

■戦争と民族研究会
日時:7月18日(日)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「大東亜戦争」とアジア
報告:青木秀男

■社会理論研究会
日時:7月17日(土)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:アダム・スミス『国富論』と現代日本社会
報告:打越正行

■社会学講座
日時:7月17日(土)午後11時−
場所:社会理論・動態研究所
講座:社会学理論の渉猟
講師:青木秀男

■外書講読
日時:7月17日(土)午前09時30分−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Qualitative Intervewing by H.J.Rubin.
翻訳:参加者分担

■社会学講座
日時:7月4日(日)午後16時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:社会学の基礎講座
報告:青木秀男

■外書講読
日時:7月4日(日)午後14時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:生活史関連の外書
報告:参加者全員
 
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:45 | comments(0) | - | - | -
2010年上半期に終了した研究会
戦争と民族研究会
日時:6
月20
日(日)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「大東亜戦争」とアジア――戦時新聞から
報告:青木秀男

■広島近代部落研究会
日時:6月19日(土)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:同対審答申から地対財特法へ
報告:小早川明良

■Workshop on Social Theory
Date: Jun. 12th [Sat.] 14PM start
Place: Institute of Social Theory and Dynamics
Contents: Korean Japanese Studies
Reporter: Ann
※ This meeting will be held in only English.

■戦争と民族研究会
日時:5月18日(火)午後2時−
内容:「大東亜戦争」とアジア
報告:青木秀男

■社会理論研究会
日時:5月15日(土)午後2時−
内容:グラムシの国家論
報告:青木秀男

■広島近代部落研究会
日時:5月8日(土)午後2時−
内容:最近の論文から
報告:青木秀男

■ハナロの会
日時:4月25日(日)午後2時−
内容:紀要論文の構想発表
報告者:渡辺拓也

■戦争と民族研究会
日時:4月18日(日)午後2時−
内容:新聞にみるアジア記述(1)
報告:青木秀男

■Workshop on Social Theory
Date: Apr. 17th [Sat.] 14PM start
Contents: Okinawan Bosozoku Studies
Reporter: Uchikoshi
※ This meeting will be held in only English.

■近代部落研究会
日時:3月27日(土)午後2時−
内容:『部落解放研究』16号 井上・笹倉論文の合評会
報告:井上寿美・笹倉千佳弘

■下層若者文化研究会
日時:3月27日(土)午後11時−
内容:ヤンキー研究の意義と目的
報告:打越正行

■ハナロの会
日時:3月26日(金)午後2時−
内容:紀要論文にむけて
報告:青木秀男、打越正行

■社会理論研究会
日時:3月20日(土) 午後2時−
内容:現代ウェーバー研究について
報告:小早川明良

■戦争と民族研究会
日時:3月15日(月)午後2時−
内容(報告者):中国教科書にみる近代記述(弘中政義)
研究会の統一主題について(青木秀男)

■戦争社会学研究会
日時:3月13日(土)、14日(日)
場所:明治大学
内容:詳細は、以下の研究会HPをご覧になってください。
http://www.scholars-net.com/ssw/

■ハナロの会
日時:2月27日(土)午後2時−
内容:紀要論文に向けて
報告:吉崎一

■Workshop on Social Theory
Date: Feb. 11th [Thr.] 14PM start
Contents: The Forming Buraku and Japanese Modernization
Reporter: Kobayakawa

■近代部落研究会
日時:2月6日(土)午後2時−
内容:解放同盟綱領改訂について
報告:参加者全員

■ハナロの会
日時:1月31日(日)午後2時−
内容(報告者):
吉崎一
安錦珠

■社会理論研究会(旧ウェーバー研究会)
日時:1月16日(土)午後2時−
内容:M. ウェーバー『宗教社会学論選』(p55から最後まで)
報告者:青木秀男
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:43 | comments(0) | - | - | -
2009年下半期に終了した研究会
ハナロの会
日時:12
月27
日(日)午後2時−
内容(報告者):
低階層出身の生徒の青年文化と不平等の再生産に関する一考察(知念渉)
沖縄の暴走族・ヤンキー研究の理論的位置づけ――海外のユース・サブカルチャー研究を通じて(打越正行)

■文献講読
日時:12月27日(日)午後11時−
内容(報告者):
蘭由岐子,2004,『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー』皓星社.(吉崎一)
E. Goffman, 1961, Asylums: essays on the social situation of mental patients and other inmates, Anchor Books.(=1984,石黒毅訳『アサイラム――施設被収容者の日常世界』誠信書房.)(打越正行)

■ウェーバー研究会
日時:12月19日(土)午後2時−
内容:内容:M. ウェーバー『宗教社会学論選』序論(p45-)の精読
報告者:打越正行

■Workshop on theory and method
Date: Dec. 19th [Sat.] 11AM start
Contents: to read "Yoshio Sugimoto,2003,An Introduction to Japanese Society Second Edition,Cambridge University Press.7. Minority Groups: Ethnicity and Discrimination"
Reporter: Ahn

■ハナロの会
日時:12月12日(土)午後2時−
内容:問題意識と論文の要件
報告:青木秀男

■文献購読
日時:12月12日(土)午後11時−
内容(報告者):
蘭由岐子,2004,『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー』皓星社.(吉崎一)
E. Goffman, 1961, Asylums: essays on the social situation of mental patients and other inmates, Anchor Books.(=1984,石黒毅訳『アサイラム――施設被収容者の日常世界』誠信書房.)(打越正行)

■近代部落研究会
日時:11月21日(土)午後2時−
内容:生活を語る 福島町にて(その1)
報告:青木秀男

■戦争と民族研究会
日時:11月8日(日)午後2時−
内容:軍隊慰安婦について
報告:水越紀子

■生活史法研究会
日時:11月1日(日)午後2時−
内容:生活史法における個人と歴史
報告者:青木秀男

■文献講読
日時:11月1日(日)午後11時−
内容(報告者):
蘭由岐子,2004,『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー』皓星社.(吉崎一)
E. Goffman, 1961, Asylums: essays on the social situation of mental patients and other inmates, Anchor Books.(=1984,石黒毅訳『アサイラム――施設被収容者の日常世界』誠信書房.)(打越正行)

■ハナロの会
日時:10月31日(土)午後2時−
内容:マイノリティの文化とアイデンティティ
報告者:青木秀男

■ウェーバー研究会
日時:10月30日(金)午後2時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:M. ウェーバー『宗教社会学論選』序論(p33-)の精読
報告者:打越正行

■Workshop on theory and method
Date: Oct. 30th [Fri.] 11AM start
Contents: to read "Yoshio Sugimoto,2003,An Introduction to Japanese Society Second Edition,Cambridge University Press.7. Minority Groups: Ethnicity and Discrimination"
Reporter: Ahn

■広島近代部落研究会
日時:10月27日(火)午後2時−
内容:被差別部落の文化について
報告者:青木秀男

■戦争と民族研究会
日時:10月17日(土)午後2時−
内容:天皇の戦争責任について
報告者:青木秀男

■広島近代部落研究会
日時:9月29日(火)午後2時−
内容:部落学校について
報告者:小早川明良

■ウェーバー研究会
日時:9月26日(土)午後2時−
内容:M. ウェーバー『宗教社会学論選』序言(p18-)の精読
報告者:小早川明良

■Workshop on theory and method
Date: Sep. 26th [Sat.] 11AM start
Contents: to read "Yoshio Sugimoto,2003,An Introduction to Japanese Society Second Edition,Cambridge University Press.7. Minority Groups: Ethnicity and Discrimination"
Reporter: Uchikoshi and Ahn

■生活史法研究会
日時:9月23日(水)午後2時−
内容:生活者としての現在の元ハンセン病者はどのような思いで生きているのか
報告者:吉崎一

■戦争と民族研究会
日時:9月21日(月)午後2時−
内容:『ゆきゆきて、神軍(出演:奥崎謙三、監督:原一男)』の鑑賞

■文献講読
日時:9月21日(月)午前11時−
内容:蘭由岐子,2004,『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー』皓星社.序章の講読
報告者:吉崎一

■ハナロの会
日時:9月19日(土)午後2時−
内容(報告者):在日一世女性の生活史(安錦珠)
        ヤンキー・サブカルチャーズと地元(打越正行)

■広島近代部落研究会
日時:8月25日(火)午後2時−
内容:近代部落研究のパラダイム その2
報告者:青木秀男

■生活史法研究会
日時:8月24日(月)午後2時−
内容:聞き取り調査を中心とする質的研究をめぐる方法論的考察
報告者:井上寿美・笹倉千佳弘

■Workshop on theory and method
Date: Aug. 22th [Sat.] 11AM start
Contents: to read "Yoshio Sugimoto,2003,An Introduction to Japanese Society Second Edition,Cambridge University Press.7. Minority Groups: Ethnicity and Discrimination"
Reporter: Uchikoshi

■ウェーバー研究会
日時:8月22日(土)午後2時−
内容:ウェーバー『宗教社会学論選』序言の精読
報告者:青木秀男

■研究報告会
日時:8月4日(火)午後2時−
内容:調査経過報告
報告者:吉崎一

■広島近代部落研究会
日時:7月25日(土)午後2時−
内容:近代部落研究のパラダイム その1
報告者:青木秀男

■戦争と民族研究会
日時:7月18日(土)午後2時−
内容:事実とは何か 戦史の方法について
報告者:青木秀男

■ウェーバー研究会
日時:7月11日(土)午後2時−
内容:ウェーバーと日本 今後のテキスト決定
報告者:青木秀男

■Workshop on theory and method
Date: Jul. 11th [Sat.] 11AM start
Contents: to read "Yoshio Sugimoto,2003,An Introduction to Japanese Society Second Edition,Cambridge University Press.7. Minority Groups: Ethnicity and Discrimination"
Reporter: Kobayakawa and Uchikoshi

■ハナロの会
日時:7月6日(月)午後2時−
内容:日本人の死の個人化
報告者:李美愛

■生活史法研究会
日時:7月4日(土)午後2時−
内容:暴走族調査の方法と理論
報告者:打越正行
 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:41 | comments(0) | - | - | -

このページの先頭へ