<< 『理論と動態』第五号 | main | 理論と動態 合評会のお知らせ >>
2012年下半期に終了した研究会
■ハナロの会
日時:6月23日(日)午前14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:小早川明良


■Workshop on Social Theory
Date: Jun. 23th [Sun.] 13:00 PM Start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents:
Reporter:



■社会理論研究会
日時:6月9日(日)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:『資本論』精読


■広島近代部落研究会
日時:6月9日(日)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告:未定


■ハナロの会
日時:5月11日(土)午前14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:「パシリという方法」の社会調査史における意義
報告者:打越正行


■Workshop on Social Theory
Date: May 11th [Sat.] 13:00 PM Start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Anouncement on Sociological Topics in English
Reporter:KOBAYAKAWA Akira


■社会理論研究会
日時:4月29日(祝・月)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:西欧マルクス主義の系譜
報告:青木秀男

■広島近代部落研究会
日時:4月29日(祝・月)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:水平運動の理論的課題
報告:青木秀男


■外書講読
日時:4月25日(木)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Wilson, William Julius, and Anmol Chaddha, 2010, The Role of
Theory in Ethnographic Research, Ethnography, 10(4): 549-64.

■動研セミナー
日時:4月25日(木)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:打越正行

■外書講読
日時:4月11日(木)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
テキスト:Wilson, William Julius, and Anmol Chaddha, 2010, The Role of
Theory in Ethnographic Research, Ethnography, 10(4): 549-64.


■動研セミナー
日時:4月11日(木)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:研究報告
報告:吉田舞


■社会理論研究会
日時:3月30日(土)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:スターリン主義について
報告:青木秀男


■広島近代部落研究会
日時:3月30日(土)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:結婚差別について
報告:青木秀男


■ハナロの会
日時:3月20日(水・祝)午前14時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:吉田舞


■Workshop on Social Theory
Date: Mar. 20th [Wed.] 13:00 PM Start
Place: Institute on Social Theory and Dynamics
Contents: Reading english text or paper

■社会理論研究会
日時:2月16日(土)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:マルクス弁証法について
報告:青木秀男


■広島近代部落研究会
日時:2月16日(土)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:部落問題研究をめぐる理論的諸問題
報告:青木秀男

■ハナロの会
日時:2月11日(月・祝)午前13時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:近代・都市と象嵌職人
報告者:青木秀男・近藤敏夫・坪田典子

■ハナロの会
日時:1月19日(土)午前13時−
場所:社会理論・動態研究所
内容:未定
報告者:青木秀男


■論文ゼミ
日時:1月10日(木)午後1時−
場所:社会理論・動態研究所
担当:吉田舞


■動研セミナー
日時:1月10日(木)午後2時30分−
場所:社会理論・動態研究所
内容:英語による研究報告
報告:打越正行

 
| istdjapan | 終了した研究会 | 13:33 | comments(0) | - | - | -










このページの先頭へ